看護師の副業 - 看護師のあれこれ

看護師のあれこれ > 看護師の副業

看護師の副業

看護師の副業については就職する前、もっと言えば看護学校に入学する前の段階できちんと把握しておかなければなりません。
社会人の副業には様々な制限が出てくる場合があり、ルールに則ってやっていく必要があるからです。
後から知らなかったでは済まされない事態にもなりかねませんので、あらかじめ副業についてのルールを勉強しておきましょう。
そこでここでは看護師の副業に関する見解を述べていきたいと思いますので、今後の参考にしてみてください。

はじめに看護師の副業のルールは就職する医療施設によって異なります。
たとえば公立の病院へ就職する場合、そこで働く看護師は公務員と同じ扱いになりますから副業は副業禁止違反に該当します。
これは病院以外の公立の医療施設・介護施設でも当てはまることですから、公務員看護師として働くことを希望するなら副業は諦めなければなりません。
しかし民間の私立の医療施設や介護施設ではまた違ってきて、これらのところはそれぞれ独自に就業ルールを決めていますから詳しくはそれぞれの施設に問い合わせる必要があります。

中には副業に寛大なところもあるようですが、全体的に副業には否定的なところが多いというのが現状です。
その理由として看護師の仕事は激務となることが多く、また責任を伴う仕事ですから副業によって業務に影響が出ることがあってはならないからです。
たとえば看護師以外にもうひとつ仕事をしていて注意力が散漫になり医療ミスに直結するミスを犯してしまったとなるとそれは看護師個人の問題ではなく施設側全体の問題となってしまいます。
そういった状況になってからでは遅いですから、事前にトラブルを防ぐ意味もあって副業を禁止しているところが多いのです。

ただしアルバイト看護師など看護師を副業としているケースはあるようですから、他に仕事をしながら看護師を副業とする場合はその旨を希望のアルバイト先に伝えて許可をもらったうえで働くようにしましょう。