看護師の資格 - 看護師のあれこれ

看護師のあれこれ > 看護師の資格

看護師の資格

看護師の資格とひと言で言っても、その種類は実はけっこう豊富なのです。
これから看護師を目指すという人はどういう分野で働きたいのか、またそのために必要なスキルとはどういうものなのかを知る意味でも看護師資格の種類を知っておくことも大切でしょう。
そこでここでは看護師資格の種類を紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。

はじめに看護師の中でももっともポピュラーなのが正看護師で、この資格を取得することで一人前の看護師と認められるところがあります。
正看護師の資格を取得すれば、看護行為も自分の判断で行うことができますしほぼすべての医療施設へ就職することが可能です。
また婦長になったり、さらに上の資格を目指すにしてもまずは正看護師の資格を取得しなければなりません。

次に正看護師の前の段階で取得する准看護師という資格があり、これは正看護師と違って国家資格ではなく知事資格となります。
正看護師になる前に取得する人が多いのが特徴で、いわば通過点とも言える資格です。
仕事も正看護師の指示のもとに進めていくことになりますから、勉強段階の資格と言えるでしょう。

そして正看護師の資格を取得後さらに上の資格を目指す人もいて、認定看護師、専門看護師という資格があります。
認定看護師とは認定看護師認定審査に通過することで取得できる資格で、高い看護技術を持っていることを示すものです。
認定看護師には様々な分野があり、がん治療、新生児治療、介護、緩和ケアなど専門的な分野を学びたいという人におすすめです。
そして専門看護師となると日本でも数が少なく、これは認定看護師のもうひとつ上のランクに位置しており専門分野で高い看護技術を持つことの証明になります。
ですから認定看護師・専門看護師の資格を持つ人は医療施設側からも歓迎されますし、大きな力となりますので給料・待遇ともに高くなっています。

このように看護師資格には種類がありますから覚えておきましょう。