専門看護師 - 看護師のあれこれ

看護師のあれこれ > 専門看護師

専門看護師

看護師を目指している人の中には将来専門看護師になりたいと考えている人もいると思います。
専門看護師は看護師の中でも一番高い資格となり、より専門性の高い分野で大きな力を発揮する資格です。
ひとつの分野で高い専門性を持つ看護師として、そのスキルや知識を証明することができるのが専門看護師ですから、名刺などに記載することも可能ですし病院側にとっても宣伝になりますから歓迎されることでしょう。

しかし専門看護師になるにはいくつかの条件があって、それらをクリアしていかなければなりません。
そこでここでは将来専門看護師として専門分野で力を発揮したと考えている人のために、専門看護師になるための条件とルートをお伝えしていきたいと思います。

はじめに専門看護師になるためには最低でも5年以上の実務経験が必要で、そのうち3年間は自分の希望する専門分野での経験がなければいけません。
また看護大学の修士課程を修了していることも条件となるため、その道のりは険しいものとなります。
まず実務経験の条件から看護大学卒業後に就職しないまま専門看護師になることはできませんから、最初に就職して実務経験を積む人が多いです。
そしてその後看護大学へ進んで修士課程を修了し、専門看護師の資格を取得するというのがもっとも一般的なルートです。
ですから看護大学卒業生は有利ですし、中には修士課程を終えてから就職して実務経験を積んだ後で専門看護師の資格を取る人もいます。

そこで考えておかなければならないのが、看護大学の修士課程を終えるまでの費用、そしてその間の生活費の確保です。
すでに修士課程を終えている人ならこの部分は問題ありませんが、看護師として働いている段階で目指すならこの部分は考えておかなければなりません。
また専門看護師になるためにふさわしい職場環境というのも大切ですから、就職先の選択は入念に行う必要があるでしょう。
このように専門看護師になるにはいくつもの課題があるので覚えておいてください。