准看護師 - 看護師のあれこれ

看護師のあれこれ > 准看護師

准看護師

正看護師になる人はその前段階として准看護師の資格を取りますが、この准看護師とはどのような資格なのでしょうか?
これは自動車の運転免許に例えて考えると分かりやすく、正看護師の試験が運転免許の本試験なら准看護師の試験は仮免の試験です。
つまり准看護師は仮免許の段階ということで一人前の看護師というわけではありません。
その理由として准看護師は仕事をするときに必ず正看護師の指示のもとで進めることになるからです。

准看護師の資格しか持っていない人はどれだけ長い期間働いていても正看護師の指示がなければ動くことは許されませんし、給料も正看護師と比べれば安いです。
また正看護師が国家資格であるのに対して准看護師は知事資格となります。
つまり准看護師は正看護師の助手という立ち位置になるのです。

ただし最近では准看護師でも就職先はけっこう充実しており、全国の至るところで求人を見かけるようになりました。
ひと昔前までは正看護師の求人に比べて准看護師の求人は少なかったのですが、現在は病院や診療所、クリニックなど様々な医療施設から求人が出ています。

准看護師は中卒から目指すことが可能で、高校の衛生看護科を卒業後に取得したり、准看護師専門学校で学んだ後に取得する人が多いです。
また高校卒業後に看護専門学校や看護短期大学へ進んだ人も正看護師の資格を取る前の段階で准看護師の資格を取得する人は多いです。
このように准看護師は正看護師になるための通過点として捉えている人がほとんどですから、取得後ずっと准看護師でいるという人はそれほどいないでしょう。

ただ准看護師だからと言って正看護師よりも働かなくていいというわけではありませんし、同じように責任があります。
患者さんから見れば正看護師も准看護師も同じ看護師ですから、ひとつひとつの仕事に緊張感を持って行わなければなりません。
これから看護師を目指す人はまず准看護師試験の突破を目標にして頑張ってみてください。